日本語ドメインはSEOに良いの?アダルトアフィリエイトの場合は?

日本語ドメインはSEOに良いの?アダルトアフィリエイトの場合は?

日本語ドメインにするとSEOに効果があるのか、メリットやデメリットを解説します。

日本語ドメインとは

日本語ドメインとは、「日本大好き.com」といったように漢字・ひらがな・カタカナの組み合わせで作成できるドメインのことを言います。

一般的なドメインの場合、アルファベットや数字の組み合わせで作成するのですが、日本語ドメインではその名の通り日本語を使用したドメインなので、日本人にとって非常に分かりやすいドメインとなっています。

日本語ドメインにSEO効果はある?

結論から言うと、日本語ドメインにしたからといって、SEO効果が強まるということはありません。

上位表示させたいキーワードをドメインに含めたとしても、それだけで上位表示することは期待出来ないでしょう。

日本語ドメインのメリットとデメリット

日本語ドメインにSEO効果が無いのなら、日本語ドメインには何もメリットが無いのか、というとそういうわけではありません。

日本語ドメインにはどんなメリット・デメリットがあるのか紹介します。

メリット

どんなサイトなのか分かりやすい

日本語ドメインであれば、そのサイトがどんなサイトなのか一目で分かります。

検索結果一覧ページで目立ちやすい

検索エンジンの検索結果一覧ページに表示された時に、アルファベットのURLより日本語のURLの方が若干目立つので、目にとまりやすいかもしれません。

URLの入力が簡単

ブラウザのアドレスバーに直接URLを入力する際に、日本語ドメインであれば簡単に入力できます。

デメリット

ブラウザ以外ではピュニコード変換される

日本語ドメインはDNS上で判別することが出来ないので、実際には内部的に「xn--」から始まるピュニコード変換された文字列で構成されています。

例えば、

「日本大好き.com」
という日本語ドメインがピュニコード変換されると、

「xn--w8jw34jnha315bzqb.com」
という英数字の羅列のURLとなります。

メールアドレスやSNS等でシェアされた際は、ピュニコード変換された英数字の羅列が使用されることになります。

こういった事情を知った人であればいいですが、知らない人から見れば、わけの分からない英数字の羅列を見て不審に思われる可能性もあります。

サーバーによっては日本語ドメインが使えない

ほとんどのサーバーで日本語のドメインの使用が可能ですが、中には日本語ドメインを使えないサーバーもあるので注意しましょう。

サーバーの仕様を必ずチェックするようにしてください。

日本人にしか通用しない

そもそも、日本語ドメインというのは当然ですが日本人にしか通用しません。

日本語の分からない外国人にとっては非常に使いにくいURLとなってしまいます。

完全に日本人をターゲットにしているサイトであればいいですが、外国人をターゲットにする可能性が少しでもある場合は注意が必要です。

日本語ドメインでもどちらでも良い

日本語ドメインについて色々説明してきましたが、日本語ドメインを使おうが使わまいが、正直そんなに変わらないです。

「絶対に使え!」とも言いませんし、「絶対に使うな!」とも言いません。

日本語ドメインを使いたい人は使えばいいと思います。

ただ、個人的には通常の英数字のドメインの方が無難かなあという気はしています。

日本語ドメインが使えるアダルトサーバー

アダルトサーバーFUTOKAなら日本語ドメインが使えます!

日本語ドメインでアダルトサイトを運営したいと考えている人におすすめです。

ドメイン設定も簡単で、初心者に優しい設計となっています。

サポートが充実しており、電話でのサポートにもしっかりと対応しているので初心者の方でも安心です。

⇒FUTOKAサーバーの詳細はこちら

SBS (Sign Board Shop アダルトアフィリエイトプログラム)

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

管理人プロフィール

プロフィール画像

脱サラしてアダルトアフィリエイトをメインに行っている専業アフィリエイターです。

怪しい情報商材を勧めるようなことはしませんので、どうぞ安心してサイトを閲覧してください(笑)

→詳しいプロフィールはこちら

PAGE TOP ↑